スパロボ

スパロボ30レビュー|1周目プレイした感想「あなたの好きなロボットで無双してください」

スパロボ30 1周目プレイレビュー「あなたの好きなロボットで無双してください」
hodaka

今回はスパロボ30を1周目プレイした感想を紹介していくよ。

今までのスパロボ以上の大ボリュームでまだクリアしてない人も多いんじゃないかな。

発売から1週間後くらいにアンケートを取ってみたけど、現時点で約1万4千票もの協力者が、そのほとんどの方はまだプレイ途中の人がほとんどみたいだね。

このアンケートからすでに1週間ほど経過してるので、そこからクリアした人も多いと思うし、私自身も1周目クリアまでに約10日ほどかかったよ。

でもサイドミッションはまだ全部クリアできてないし、遺跡系ミッションに関しては完全にノータッチ。

本作のボリュームは「スパロボインパクト」以上。

さらに今のゲームは追加コンテンツも増やせる仕組みになってるし、今後それ以上のボリュームになるのかもね。

ではスパロボ30の感想をいくつかのポイントに絞って紹介していくね。

ノーマルなら無双ゲー、SRポイントの有無について

1周目は難易度ノーマルでプレイ。

ノーマルでの感想だけど、たぶんこの難易度で難しいと感じる人はほぼいないと思う。

本作はSRポイント、熟練度システムもないので、特にプレッシャーなどを感じることもなくクリアできると思う。

SRポイントがあると、戦術というよりいかに移動力のある機体で突進していくかの
ゲームになってしまうよね。

個人的には自分で難易度調整するより、熟練度システムで自動的に調整してくれた方が
よかったと感じたよ。

もしノーマルでも苦戦するようなら、戦線系ミッションで資金を貯め、ある程度機体改造が進めば、雑魚処理はほとんど作業のように圧倒することができるから問題はないと思う。

今までのスパロボでレベル上げのためのミッションをこなすってなかったもんな。資金稼ぎするなら熟練度要素を捨てて、特定のマップで全滅プレイだったよね。

戦線系のミッションを繰り返すのは資金稼ぎ、撃墜数稼ぎ、PP、MxP稼ぎが目的なので、その時だけでも難易度をイージーにするとボーナスでさらにお金がもらえるので、超簡単にお金持ちになれてしまうよ。

最後までプレイしたけど、はちゃめちゃなHPや強さのボスを用意してくれてもよかったように思う。

スパロボは敵の改造値をイジるだけでも難易度は大きく変わる。

正直、自軍ドライクロイツ軍が強すぎるので、相手ボスのHPが過去最大の100万以上あっても、全く問題なく感じる。

簡単に最強の機体が作れる

本作は今までのスパロボと異なり、戦線系のミッションでいくらでもレベル上げ&資金稼ぎができるため、最強のパイロットと機体が簡単に作れてしまう。

攻撃力が物足りない機体でもAOSアップデートで入手できる「強化パーツ」の中に最強武器の攻撃力を「8000」にしてくれるものがある。

人によってはRX78ガンダムを最後まで使い続ける人もいそうだよな。

だからどの機体でも最後まで充分に主戦力として活躍させることができるよ。

これには、

「あなたの好きな機体で最後まで戦ってください。」

そんな開発陣のメッセージが伝わってくるよね。

個人的には今までのスパロボは無理して多少無理な全滅プレイを繰り返したり、周回を繰り返して、最強の機体やカンストしたパイロットを育てるイメージだったんだけど、本作では一周目から苦労なくそれができてしまう。

最近のスパロボだと物語終盤には主力のほとんどがフル改造できるけど、昔のスパロボだとフル改造できるのって、よくて1機、2機ほどだったよね。

なんというかプレイヤー側が開発陣の想像を超えてはちゃめちゃなことをせずとも、苦労せずに最強の機体を作れてしまうことには若干の肩透かしを感じてしまう。

ライラ
ライラ

逆に何もかも開発側に用意されてる感じで、どの機体やキャラを使ってもレールに乗せられてる感がしてしまうのは私だけだろうか。

あわせて読みたい
【スパロボ30攻略】おすすめ機体ベスト20|1周目プレイの特記戦力を紹介
【スパロボ30攻略】おすすめ機体ベスト20|1周目プレイの特記戦力を紹介

作品のボリュームはすごい

今までのスパロボと比較しても大ボリュームの内容。

近年のスパロボVXTは50話程度なので、2倍近くのボリューム。

サブミッションや遺跡ミッションも含めれば、すさまじいボリューム。

ちなみに「遺跡系ミッション」は未だ未プレイ。

というかどうすればプレイできるのかわからなかった。

たぶんわかりやすいミッション項目に置いておくと、遺跡系ミッションに囚われるプレイヤーが増え、余計にクリアまで時間がかかるのを避けるためだと思う。

これはスパロボプレイヤーの年代の多くが30代以上の社会人だと思うので、最後までプレイしてくれることを優先して作ったためだと思う。

私自身まだ遺跡系ミッションはプレイできてないけど、最後までメインミッションをクリアするのに、全く困ったことはなかったよ。

メインミッションに関しては、思った以上ラスボスがあっけなかったので、おそらく今後追加シナリオも加わりそうなので、拡張性のある内容になりそう。

選択ミッション性について

本作は今までの一本道&選択できる分岐シナリオとは違って、好きなエリアに行って好きなミッションをこなすシステム。

これは賛否分かれそうなポイントだね。

個人的によいと思ったのは、今までの「分岐ルート」システムと違って戦力が分断しないこと。分岐するとその度に強化パーツ付け替えが大変だったからね。

特に「小隊システム」のあるスパロボだと、合流する度、インターミッションがめちゃくちゃ大変だったよな。

本作ではそれぞれ個別ミッションになってるせいか、ミッションの順番しだいで登場キャラの会話がかみ合ってなかったりしていたように思う。

ここら辺まで気を配るのはさすがに難しい。

あと気になるのはこのミッション制にしたことによって、プレイしていて見落としてしまう要素が結構多いように感じた。

たぶん無視していたサブシナリオとかでいつの間に消えていたシナリオもあったと思うけど、それが何なのかさえわからなくなってしまったよ。

本作の隠し機体や隠し要素って随所にヒントはあるけど、それでも埋もれた隠し要素ってまだありそうだよな。

UIなしの迫力がすごい

本作では戦闘中の吹き出しやHP表示を消すことができるUIなしにも変更できるよ。

もちろん通常の方がプレイする上ではいろんな情報が伝わって便利なんだけど、一度UIなしも体験してほしい。

大迫力の戦闘アニメーションを楽しむ事ができるよ。

御三家の絆が熱い

スパロボの原点と言えば、ガンダム、ゲッター、マジンガーの御三家。

スパロボ30のプレイ中には、その歴史で築いたような会話や、台詞が熱かった。

機体の強さも「νガンダム、マジンガー、真ゲッタードラゴン」、それぞれ際立っており、頼もしい存在だよ。

致知揺れについて

スパロボと言えば致知揺れ。

本作では残念ながら致知揺れ演出はほぼなし。

これにはガッカリした人も多かったんじゃないかな。

ミツバさんでさえ、スパロボVの千歳サンの石膏致知よろしく、ほとんど揺れないんだ。

ではここから不満点を3つ紹介していくよ。

不満点①、コマンド画面が見にくい

とりあえずプレイして真っ先に思ったことは、このコマンド画面はすごく見にくさ。

ダイヤル式になってる上、文字色も黄緑になってるので、ぱっと自分のしたいコマンドを探すのに毎回苦労した。

これに関しては今までのスパロボのコマンドの方が確実に便利だったと思う。

不満点②、レベル99までしか上がらないこと

おそらくほとんどの人は物語終盤ごろにはレベル99とカンストしたことだろう。

個人的にはスパロボTの経験からレベル99以上になると思ってたので、レベル99で止まるのはビックリした。

スパロボTはレベル100以上にできるんだな。

おかげで敵側もなかなかの強さになっていたよ。

レベルがマックスになった途端、終盤で出てくる大量の雑魚的を倒す気持ちが一気に萎えてしまい、ボスだけ狙ってさっさとマップクリアなどをし始めたよ。

資金はかなり余裕があったし、PPはもっとほしいところだったけど、足りなければ戦線系ミッションこなせばいいだけだし、正直自軍が強すぎて、クリアは余裕すぎると判断したのも大きい。

できればパイロットの数値も上限は「400」に留めずに、「999」くらいまで引き上げてほしかった。

AOSアップデートを使うと、あまりにも簡単に射撃格闘の数値を上げることができるので、あっけなく主力パイロットの数値がカンストしてしまったのことにあっけに取られてしまったよ。

不満点③、戦闘アニメーション

トータルで満足感の高い戦闘アニメーションだったけど、マジンガーZ、ダンオブサーズデイ、レイアース、スパロボTとほぼ同じの戦闘アニメーション。

不満に思う人もいると思うが、個人的にはここら辺は特に気にならなかった。

レイアースとガンソードとかすでにアニメに準じているので、これ以上戦闘アニメーションをどうしようもない気もするしね。

オリジナル性を出し過ぎてもまだファンからは不満が出るんだろうしね。

個人的にVガンダムの光の翼やνガンダムのフィンファンネル、エルガイムなどには感動を覚えるものがあったよ。

ただし「フェネクス」。

個人的に本作のガンダム系で一番期待していた「フェネクス」の戦闘アニメーション。これだけは本当にコレじゃない感が凄かった。

せっかく光の速度で動ける上、劇場版ではありえない素早さでネオジオングを圧倒したのに、ここは真ゲッターも顔負けの動きで大迫力の攻撃演出にしてほしかった。

立ち絵のまま張り付いたようなフェネクスはもはやシュールにさえ感じたよ。

今後|追加のメインシナリオがほしい

正直ラスボスがあまりにもあれすぎたので、追加のメインシナリオが絶対ほしい。

というかすでにそのつもりで動いてると思う。

「スパロボT」も追加ミッションである「エキスパンションパック」があったので、さらにスパロボ30の世界に浸る要素を増やしてほしい。

というかきっと用意してくれてるはず。

ABOUT ME
バーニング吉武
バーニング吉武
編集長
子供の頃、一番好きだったおもちゃがガンプラ。おっさんになって再び始めました。童心に戻るって大切ですよね。このメディアではガンプラの魅力を伝えるためにわかりやすく紹介していきます。YouTubeチャンネル「ゆっくりロボット大戦」の運営もしています。ゆっくりしていってね。
記事URLをコピーしました